Amazon Fire 7 を高齢者向けにカスタマイズする

Amazon Fire 7 を高齢者向けにカスタマイズする

免責事項

この記事に記載している内容は、当サイト運営者が自己の責任において実施した記録です。物理的、論理的に破損する可能性もあります。必ずご自身の責任において実施してください。

はじめに

70歳前後の両親に初めてのタブレットを渡してみようと考えていました。もちろんスマホも使ったことがありません。

ITの習熟度としては、パソコンでネット閲覧、メール、ゲームができるレベルです。

いきなりスマホを渡して使えなかったら携帯電話の手続き等が面倒なので、まずは「お試し」ということで考えたのがAmazonのFire 7です。

Fire 7 を選んだ理由

  • とにかく安い。セール中であれば 4,000円弱で本体を購入することができます。
  • 適当なサイズ。スマホだと小さい、大きすぎると重い、ということでFire 7のサイズがぴったりでした。

Amazon Fire 7

カスタマイズ

そのままの Fire OS で使用してもいいのですが、今回の裏テーマとしては将来的な Android スマホ、タブレットの移行も考えていることから、Amazon的なものをなくした上で渡すことにしました。

Google Play ストアのインストール

Fire 7 には Amazonアプリストアがインストールされているため、Google Play ストアが入っていません。

豊富なアプリ資産を活用するためにGoogle Play ストアをインストールしました。

Nova Launcher のインストール

Fire 7 のホームアプリは完全にAmazon用にカスタマイズされているため、通常使用には向いていません。

そこでNova Launcherをインストールしました。

ホームアプリをNova Launcher で置き換えるために、さらにLaunch3rH1jackもインストールします。

とあるサイトにはLaunch3rH1jackをインストールするとLauncher3もインストールされると記載されていましたが、私の場合はインストールされませんでした。

別途Launcher3をインストールしてみたのですが、ウィジェットのリサイズができなかったのでNova Launcherに決めました。

各種アプリのインストール

  • LINE
  • Google フォト
  • GMail
  • Chrome (デフォルトブラウザに変更)

Amazon Fire 7

 

デジタルガジェットカテゴリの最新記事