襖戸の戸車を交換してみた

自宅の襖戸の開閉が重く感じたことはないでしょうか。我が家では襖戸を開けたり閉めたりする際に、ガタガタするような感じで重く感じていました。

明らかに襖戸の裏側(下側)に異常を来しているようでしたので、さっそく襖戸を取り外してみました。

取り外してみると、襖戸の下についている車(戸車)のゴム?プラスチック?が割れてしまっています。これが原因でガタガタしていたのですね。

さらに我が家の場合は戸車が錆びてしまっています。換気が悪いのでしょうか。

このような状態なので、解決方法は「交換」一択です。

戸車は釘で打ちつけられているだけですので、まずはマイナスドライバーを戸車と襖戸の間に差し込んで隙間を作ります。

この隙間を利用して釘抜きで釘を引き抜きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 内装バールステンV型160 CNS-1(1コ入)【SK11】
価格:1186円(税込、送料別) (2020/3/27時点)


新しい戸車を楽天で購入しました。割れていた戸車は一つだけでしたが、この際すべての戸車を交換します。

使用していた戸車は錆びていましたが、かろうじて「ヨコヅナ」の文字が見えました。実寸を図りながら、一致する商品をネットで検索すると、 車の色は違いますが、 「ヨコヅナ LPM-0302」が該当するようです。


すべての戸車を交換ししました。

開閉時のガタつきもなくなり、スムーズになりました。