一戸建てのメンテナンスについて考える

どうもTRIVILLのぶろっこりです。

今回は一戸建てのメンテナンスについて考えてみます。我が家も築十数年、これだけ年月が経過すると人でも家でもどこかがおかしくなってくるものです。一戸建てはそう簡単に購入できるものではありません。購入したからにはきちんとメンテナンスをして、長く住み続けたいですね。

クロスの目地補修

木造住宅の場合、木材の乾燥によってクロスのつなぎ目が広がって隙間ができてしまいます。場合によっては裂けてしまうこともあるようです。我が家の場合も一部の部屋で隙間ができてしまったので修繕を行いました。これはDIYで実施できるレベルです。私の場合は ヤヨイ化学 ジョイントコークA 500g ホワイト を購入して、自分でコーキングを補修しました。

屋根や外壁のメンテナンス

一般的に、屋根や外壁は10年から15年でメンテナンスが必要だそうです。ある業者さんと話をしたところ、実際には15年を区切りとしてメンテナンスをする人が多いようです。

外壁については、よく目につくのがコーキング。サイディングをつなげている防水剤です。年月が経つとこれがボロボロ、スカスカになってきます。我が家の場合は特に西側が顕著でした。このコーキングを打ち替えると約30万円、サイディングを取り替える場合は約100万円近くかかるようです。

屋根についても同様、塗り直しをすると約30万円、葺き替えとなると100万円程度かかるそうです。屋根材も年月が経過すると劣化し、剥がれることがあります。

いずれも、放置すると雨水などが建物内部に入りやすくなり、雨漏りまでいかなくても湿気によって木材にダメージを与えます。また、シロアリを招くことにも繋がります。

シロアリ対策

もっとも重要なのがこのシロアリ対策。被害が出てからでは手遅れです。気づいてからでも遅いくらいです。日本ではヤマトシロアリやイエシロアリがよく発生します。発生するというよりもシロアリは常に土中をさまよっており、餌場を探しています。対策をしていない場合はシロアリの食害にあう可能性が非常に高くなるのです。

一般的には予防施工の場合は8,000円/坪程度が相場のようです。これが実際にシロアリが住み着き、駆除しなければならない場合は10,000円/坪の駆除費用と被害部分の修繕費用が必要になります。

万が一シロアリが発生した場合、素人による判断、駆除はとても危険です。シロアリはとても警戒心が強いため、殺虫剤などで攻撃をすると分散してしまい、被害の拡大を早めることになりかねません。

修繕積立金をしよう

マンションではよく耳にする「修繕積立金」。これを一戸建てにも適用する必要があるということです。