子供のスマホリテラシー教育~3つのギガバイト

はじめに

スマートフォンを使い始めると、3つの「ギガバイト」に遭遇します。

  • 高速通信を使用することができる通信量としてのギガバイト
  • スマートフォンのRAMの容量としてのギガバイト
  • スマートフォンのストレージの容量としてのギガバイト

デジモノに詳しい人なら話の流れで何の「ギガ」なのかわかるはずですが、苦手な人にとっても混乱してしまうと思います。

CMでも「ギガ」「遅い」という単語が頻繁にテレビから流れる昨今では、

ギガ小さい=遅い

という公式が独り歩きしているようにも思います。あながち間違いではないのかもしれませんが。

今回義母のスマホデビューにあたり、家内や子供にこの3つの「ギガバイト」教育を実施しました。

3つの「ギガバイト」

高速通信時の通信量 メモリの容量 ストレージの容量
意味 高速通信モードでアプリダウンロードや動画再生、メール送受信できる通信量。 アプリを動かすスマホの作業エリアのサイズ。 写真や動画、アプリをスマホに保存できるエリアのサイズ。
サイズが小さい場合の影響 アプリダウンロードや動画再生をするとすぐに契約した通信量を超過する。

契約した通信量を超過すると、低速通信に自動で切り替わる。

→ ダウンロードが遅くなる。動画再生が途切れる。

アプリの動作が遅い。

アプリの切り替えが遅い。

写真やアプリを保存できる数が少ない。
例え 蛇口全開で水を出すことができる量。

契約した量を出し切ると「チョロチョロ」しか出せなくなる。

机の広さ。

狭いと効率が悪くなる。

本棚の大きさ。

小さいと本(アプリや写真)があまり保存できない。

資料ダウンロード

今回の家庭内講習で使用したファイルを共有します。

3つの「ギガバイト」(PDF)