柴犬リキ 水入れひっくり返し対策

はじめに

柴犬リキはもうすぐ10ヶ月。まだまだやんちゃです。

外飼なのですが、少し目を離すと水入れで遊びます。ひっくり返して、鼻先でサッカーのようにボウルを動かして遊びます。

当然、常に土が湿っている状態になりますし、そもそも水がなくなってしまいます。ただでさえガブガブ水を飲む子なのに。

簡単対策

レンガを組んで、ボウルの形にくり抜いて、ボウルをセットする方式も考えたのですが、大変な時間と労力がかかりそうなのでやめました。

ひっくり返らない給餌皿はたくさん販売されていますが、軽いのでおそらくダメだろうと。

そこで考えた簡単対策が「板にボウルをくっつける作戦」です。

ボウルの口の部分の直径が底の部分の直径よりも広いため、手で引っ掛けるとひっくり返ってしまいます。

ならば、底の部分を大きくしてしまえ、という作戦です。

完成品

ボウルの裏にアクリル板をくっつけました。ベニヤなどの木材は防虫・防腐のことも考えて回避しました。

最後に

最初はひっくり返そうとしていましたが、すぐに無理だと悟ったようです。